5月17日にWF-1000Xのアップデート2.0.0が配布されました
iPhoneでアプデをいざ実行すると色々と苦労があったので、同じ症状に悩んでいる方が居たら参考にしてください

868d2979.jpg

まず大前提として、アップデートにはSony | Headphones Connectというアプリが必要です
これはアップデート以外にもノイズキャンセリング等の設定をスマホからできる便利なアプリです
ダウンロードしていない方は必ず行ってください

このアプリを起動するとアップデートがある旨が表示されます
1000X_ver_img04

指示に従いアップデートをしていくと、50%でアップデートが失敗してしまうのです
WF_1000X
どうやら以前の1.0.7アップデートの際にも同様のトラブルが多発した様でした
今回も同様の症状が出てしまうという事は根本的な解決が難しいのでしょうかね

1.0.7のアプデはしようしようと思いつつ忘れてて、そのまま2.0.0まで来てしまいました
なんだかんだでAirPodsの使い勝手が良くて、こっちをあまり使ってなかったのも要因の一つ

さて、この問題はソニーの公式ページにもQ&Aで記載されております
【本体ソフトウェアアップデート】 iPhoneなどiOS機器でソフトウェアの転送中に50%で止まってアップデートができない
早い話がアップルウォッチやウェアブル端末をお使いではありませんか?という事
これらが接続されたままだとアップデートに失敗してしまう事がある様です

私もアップルウォッチが常時接続されていたので、これが原因でした
なので、アップルウォッチを機内モードにしておきます
iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch で機内モードを使う
上にスワイプしてコントロールセンターを開き、Apple Watch の機内モードのアイコン をタップします
また、「設定」を開いて「機内モード」をタップし、スライダーをタップしてオンに切り替えることもできます

なお、他メーカーのウェアラブル端末の場合は、iPhoneの「設定」を開いて「Bluetooth」から該当の端末のiマークを選択して解除します

1.iOS機器に接続されているすべてのBluetooth機器の電源を切る
2.左右両方のヘッドセットを充電ケースに収納して電源を切り、赤いランプが点灯する事を確認
3.iOS機器の電源を切って、再度電源を入れて再起動
4.充電ケースから左右両方のヘッドセットを取り出し、青いランプが点滅している事を確認(電源が入っている事)
5.アプリを起動し、手順に従いアップデートを開始

これで50%で止まる事なくアップデートが完了しました
完了した後はアップルウォッチの機内モードを解除して解決です

ちなみに2.0.0のアップデート内容ですが、
Google アシスタント機能対応のための事前アップデート
その他の機能改善
上記2点になります
正直1.0.7の音途切れの抑制の改善が大事なので、私の様に1.0.5のままの方は忘れずにアップデートしてくださいね
Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット